タチウオのショアジギングタックル

 タチウオはショアジギ初心者にゼッタイにオススメしたいターゲットの1つです。

タチウオのショアジギングタックル

 晩夏~秋いっぱいまでの時期、朝夕のマヅメにタチウオの群れが接岸すれば、入れ食い状態を体験できるので入門ターゲットとして最適だと思います。

 イワシやアジなどの入りやすい波止場なんかがポイントとしてオススメです。

 このページではそんなタチウオのショアジギングタックルを紹介したいと思います。

代用できそうなタックル(入門~初心者)

 初心者であろうと、中級者であろうと上級者であろうと、本格的なタックルはなくともシーバスロッドを持っているのであればそれで十分かと思います。

 9フィート程度の長さのあるロッドで、30gまでのジグを扱えるのであればそのロッドで良いと思います。

 リールに関しては3000番程度のもので、別にハイギアにこだわる必要もないと思います。

 もし、そういうタックルがなく、新しいロッドの購入を考えているのであれば、以下の中級者、ベテランにオススメのタックルなんかを参考に購入するのが良いかもしれません。

中級者にオススメのタチウオのショアジギングタックル

 もし、シーバスタックルをお持ちでなく、新たにタックルを購入しようと考えているのであればこちらのタックルの組み合わせなんかが面白いと思います。

 タチウオだけでなくショアジギングでも使えるタチウオ専用ロッドを選んでみました。

メジャークラフト エヌワン NSS-832MHW

 タチウオ専用モデルのロッドでありながら、最大28gのウエイトまで扱えますので、ライトショアジギングにも使える1本です。

 潮流の速いポイントや深場で20~28gクラスのルアーが必要なとき活躍する、ヘビーワインドにも対応できるモデル。

 バットパワーがしっかりしていますので中型青物くらいまでなら余裕あります。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

シマノ アルテグラ C3000HG

 タチウオ専用として考えているならアルテグラの3000番台から始めるといいかと思います。

 ただし、通常のショアジギングも視野に入れているのであれば、4000番台のハイギアモデルがオススメかもしれません。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

ベテランにオススメのタチウオのショアジギングタックル

ダイワ ショアスパルタン コースタル 97M

 ショアスパルタンコースタルシリーズの中で最もライトなショアジギングモデル。とはいえ、3kgくらいまでの青物まで対応できます。

 タチウオ相手に使うジグウエイトなら余裕で扱える範疇ですし、プラグなども60gまで使える優秀設計です。

 ライトショアジギングロッドとして1本持っておいても面白いと思えるモデルです。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

シマノ ツインパワー 4000HG

 もちろん最上位モデルのステラでも問題ないのですが、ステラ1台用意するよりも、ツインパワー2台を用意するほうが個人的にはおすすめと思っています。

 4000HGであればマダイショアジギング以外にも幅広く扱えますので、失敗しない1台になると思います。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

タチウオショアジギングのラインやジグなど

 タチウオショアジギのラインシステムはPEライン1.2~1.5号程度、リーダーはフロロカーボンラインの20~30lbを1.5m前後。

 このラインシステムでリーダーが噛み切られることが多ければ、ワイヤーをセットしても良いかもしれません。

 但し、ジグの動きが悪くなるせいもありヒット率が落ちる傾向にあります。できるだけワイヤーはなしでいきたいところです。

 ジグに関しては20~30g程度のジグを扱うことが多いですが、ウエイトよりもシルエットをベイトのサイズに合わせたいところです。

HOW TO タチウオショアジギング

タチウオのショアジギングタックル

 シーズンは晩夏~秋いっぱいまでの時期で、釣具屋さんで釣果の噂が出てから時合を聞いていくのが一番オススメです。

 タチウオは捕食がヘタなので、激しいアクションをつけるとかかりにくくなります。スローのタダ巻きを基本として狙っていきましょう。

 時合前にポイントに入ったのであれば、まずは底から巻き上げてくるようにし、活性が上がってくるにつれ、水面直下でもつれるようになります。

 周囲の人の釣れている条件や、海の状況をみながら釣りをするとゲットしやすいです。

Page top icon