サバのショアジギングタックル

 サバは小さいイワシなどを追って回遊している小型~中型の回遊魚で、ショアジギでは最大40cmくらいまでのものがターゲットとなります。

サバのショアジギングタックル

 群れさえいれば短時間でも、難しいテクニックなしで釣ることができるので入門者にぜひとも狙って欲しいターゲットの1つです。

 このページではそんなサバのショアジギングタックルを紹介したいと思います。

代用できそうなタックル(入門~初心者)

 とりあえず始めてみたいと言うのであれば、シーバスロッドから始めてもいいと思います。

 塩分被害の問題とロッドの長さの問題はあるものの、バスロッドでも不可能ではありません。

 リールに関してはシーバス用として使っている2500番程度のものがあれば大丈夫です。

中級者にオススメのサバのショアジギングタックル

 シーバスロッドよりもジグを扱いやすいショアジギ専用ロッドを使ってみたくなった方にはこんなタックルがオススメだと思います。

 ライトショアジギ用のセットになるので、サバ以外にもカツオやサゴシなんかにも使えるタックルになります。

メジャークラフト クロステージ CRX-962LSJ

 ライトショアジギングにおいてはスタンダートな1本で、堤防から、サーフ、地磯など幅広いポイントで扱うことができます。

 それほど根が荒くなければ、中型青物とのファイトもそこそこ大丈夫なので、サバ相手なら手軽に楽しめます。

 私自身、堤防からこの番数ロッドでメーターサワラをゲットしており、そのサイズまで十分余裕ありますよ。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

シマノ アルテグラ 4000XG

 とりあえずショアジギングを始めてみたいという方でもアルテグラ以上のリールをおすすめしています。

 理由は色々ありますが、海水への耐久性などを考えるとこれ以上のクラスじゃないと後で痛い目見るかなと思います。

 他のショアジギングのことも考えるなら4000番台のハイギアは用意しておきたいですね。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

ベテランにオススメのサバのショアジギングタックル

シマノ コルトスナイパー S906MH

 ジグからプラグまで多彩なルアーを使いこなせ、幅広いポイントで活躍することができる長さとパワーを持っているロッドです。

 サバだけに使うと考えるとありあまりくらいの性能があるので勿体ないですが、それ以外のショアジギングでも対応できるのでオススメです。

 例えば大型青物がかかってものされることのないパワーもあるので、沖磯でも多少は使えます。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

シマノ ツインパワー 4000HG

 もちろん最上位モデルのステラでも問題ないのですが、ステラ1台用意するよりも、ツインパワー2台を用意するほうが個人的にはおすすめと思っています。

 4000HGであれば気軽なライトショアジギング~通常のショアジギングまで幅広く扱えますので、失敗しない1台になると思います。

 より過酷な沖磯などに行くなら5000HGなど、それ以上のクラスも視野に入れたいですね。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

サバショアジギングのラインやジグなど

 ラインは可能であればPEラインの0.8~1.0号、リーダーはフロロカーボンラインの16lb程度がオススメ。

 もし、ナイロンラインかフロロカーボンラインがリールに巻かれているのであれば、それを直結してもOK。

 ジグは10g~20gまでのものがメインジグとなりますが、より遠投したい場合は30gくらいのジグを使うこともあります。

HOW TO サバショアジギング

サバのショアジギングタックル

 シーズンは地域によって差があるもののベストシーズンといえば7~10月くらいになるのがほとんどです。水温が高く、潮通しが良いポイントであれば、4~11月くらいまで幅広く釣ることができます。

 群れが回ってきていないうちは、フォール&ジャークで縦に探ったり、着水後カーブフォールをさせるなどして、まずはタナを掴むことが先決です。

 その後、群れを見つけさえすれば、ジャカジャカ巻きでもタダ巻きでも簡単に釣ることができます。

Page top icon