マゴチのショアジギングタックル

 マゴチはヒラメと並んで好まれるサーフの好ターゲットです。ヒラメよりは泥質の海底を好むそうですが、ほぼ同じようなポイントで釣ることが可能です。

マゴチのショアジギングタックル

 底に潜む魚ですので、ボトムを丁寧に探ればめぐり合うことのできるターゲットです。ヒラメの外道として釣れることもありますけどね、笑。

 このページではそんなマゴチのショアジギングタックルを紹介したいと思います。

代用できそうなタックル(入門~初心者)

 とりあえず始めてみたいと言うのであれば、やや長めのシーバスロッドから始めてもいいと思います。

 9.6フィート以上、できれば10フィートくらいある方が遠投も利くのでオススメです。

 リールはそれに見合うリール、3000~4000番くらいのものであればいいと思います。かなり遠投することもあるので、ラインは150m以上は必ず巻いておくことです。

中級者にオススメのマゴチのショアジギングタックル

 マゴチ専用のタックルとしての発売はないのですが、ヒラメ・マゴチというフラットフィッシュモデルのロッドがいくつか発売されていますので、それを紹介してみたいと思います。

メジャークラフト クロステージ CRX-1002surf

 オールラウンドに使うことができるサーフ専用モデルです。幅広くルアーを使いこなせ、ジグも30g前後なら難なく使えます。

 マゴチ狙いのショアジギングタックルと言えど、大型ヒラメがかかることも考慮するとこのくらいのバットパワーがあるロッドにしておきたいですね。

 フラットフィッシュ専用モデルのノウハウが詰まったコスパも重視した1本だと思います。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

シマノ アルテグラ C3000HG

 とりあえずショアジギングを始めてみたいという方でもアルテグラ以上のリールをおすすめしています。

 理由は色々ありますが、海水への耐久性などを考えるとこれ以上のクラスじゃないと後で痛い目見るかなと思います。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

ベテランにオススメのマゴチのショアジギングタックル

シマノ NESSA CI4+ S1008MMH

 ヒラメ専用モデルの1本で、遠投性能を更に高めたロッドです、もちろんマゴチ狙いでも余裕あるファイトができますよ。

 サーフでショアジギングすることを考慮しつつ、ミノー、ジグヘッド+ワームなど他のルアーやリグにも対応できる1本。

 また、長さのあるロッドでありながらも軽量化に成功していますので、一日中のキャストも疲れ知らずです。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

シマノ ヴァンキッシュ 4000XG

 最高峰モデルのステラとツインパワーの間に新しく生まれたリールで、ヒラメ・マゴチゲームに最適のリールです。

 一日中遠投を繰り返す可能性のあるサーフゲームでは、足で稼ぐことも重要なので、疲れにくい軽量化リールがオススメです。

 耐久性や巻心地もかなりいいのでぜひ!!

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

マゴチショアジギングのラインやジグなど

 ラインはPEラインの1~1.5号がメインです。リーダーは20~30ポンドくらいで1.5~2mの長さが欲しいところです。

 一応サーフなのですが、小磯が絡むようなポイントではラインブレイクを起こすことがありますので、最低でも150mのラインストック量は欲しいところです。

 ちなみにジグは20~40gがメインとなりますが、波風が強い日は60gを使用することもあります。

HOW TO マゴチショアジギング

マゴチのショアジギングタックル

 マゴチのシーズンは初夏から秋口(5月~11月)がメインシーズンとなります。ヒラメは真夏は食いが落ちるのですが、マゴチは真夏のど真ん中でもかかってきます。

 マゴチのショアジギに関しては底から30cmくらい上をトレースするイメージでタダ引きでも十分なことが多いです。

 アクションをつけて引くのももちろんアリなのですが、マゴチはそれほど速く泳げる魚ではないので、その点だけは考慮してあげてストップやフォールをうまく利用すると良いと思います。

Page top icon