カツオのショアジギングタックル

 カツオはサバと同じところ、同じシーズンに釣れることがあるショアジギング人気のターゲットです。

カツオのショアジギングタックル

 よく釣れるカツオはソウダガツオであることが多く、群れを見つければたくさん釣ることができるのですが、残念なことにあまり美味しくないというカツオなのです。

 このページではそんなカツオのショアジギングタックルを紹介したいと思います。

代用できそうなタックル(入門~初心者)

 とりあえずショアジギでカツオを釣ってみたいというのであれば、まずはシーバスタックルでお試ししてみるのが良いと思います。

 ほとんどどのシーバスロッドでも大丈夫だといえますので^^

 ただ、ジグを一日中扱うことや、ロッドへの負担を考えるとやはり専用のタックルが欲しくなるという気もします。

中級者にオススメのカツオのショアジギングタックル

 シーバスタックルよりもっと快適にショアジギをしてみたくなった場合、ぜひともショアジギ用タックルを購入してみてください。

 最近ではライトショアジギ用のタックルが多く発売されているので、カツオ以外にもサバやサゴシなどの回遊魚にも使えるタックルになりますよ。

メジャークラフト クロステージ CRX-962LSJ

 ライトショアジギングにおいてはスタンダートな1本で、堤防から、サーフ、地磯など幅広いポイントで扱うことができます。

 それほど根が荒くなければ、中型青物とのファイトもそこそこ大丈夫なので、カツオクラスなら手軽に楽しめます。

 私自身、堤防からこの番数ロッドでメーターサワラをゲットしてます、ファイトでも余裕ありましたよ。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

シマノ アルテグラ 4000XG

 とりあえずショアジギングを始めてみたいという方でもアルテグラ以上のリールをおすすめしています。

 理由は色々ありますが、海水への耐久性などを考えるとこれ以上のクラスじゃないと後で痛い目見るかなと思います。

 他のショアジギングのことも考えるなら4000番台のハイギアは用意しておきたいですね。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

ベテランにオススメのカツオのショアジギングタックル

シマノ コルトスナイパー S906MH

 ジグからプラグまで多彩なルアーを使いこなせ、幅広いポイントで活躍することができる長さとパワーを持っているロッドです。

 カツオ相手だけを考えるとありあまりくらいの性能があるかと思うのですが、それ以外のショアジギングでも対応できるのでオススメです。

 例えば大型青物がかかってものされることのないパワーもあるので、沖磯でも多少は使えます。もし、遠投性能をより求めるならS1000MHもおすすめ。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

シマノ ツインパワー 4000HG

 もちろん最上位モデルのステラでも問題ないのですが、ステラ1台用意するよりも、ツインパワー2台を用意するほうが個人的にはおすすめと思っています。

 4000HGであれば気軽なライトショアジギング~通常のショアジギングまで幅広く扱えますので、失敗しない1台になると思います。

 より過酷な沖磯などに行くなら5000HGなど、それ以上のクラスも視野に入れたいですね。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

カツオショアジギングのラインやジグなど

 ラインはPEラインの0.8~1.0号くらい、他に青物などがかかる可能性があるとすれば1.5号くらいでも良いと思います。リーダーは12~20lbくらいまでなら多少太くとも大丈夫な場合が多いです。

 もし、カツオとサバだけをメインに狙っているのであれば、感度は落ちますが16lbくらいのナイロンラインかフロロカーボンラインの直結でも大丈夫です。

 ジグは20gまでのものがメインジグとなります。サバとは違い、やや小さめのシルエットのジグを好む性格があるので、10g前後の方がアタリやすいようなこともあるので、値段は高くなりますが、タングステン素材のジグもオススメです。

 ただ、カツオやサバにタングステンとか勿体ない気もしますけどね^^;

HOW TO カツオショアジギング

カツオのショアジギングタックル

 シーズンは地域や水深なんかで差がありますが、初夏~秋(8~11月)くらいが一般的に良いです。サバの時期と重なり回遊パターンも似ていることから同時につれることが多いです。

 ボトムを中心にタダ巻きで狙うと釣れやすい。個人的な感覚では、フォーリングで掛かればサバ、着底後巻き始めてから掛かればカツオという感じがある(常にこうではありませんが)。

 また、あまり派手なジャークやトゥイッチは好まない性格で、あまりやりすぎると群れが散ってしまうこともあります。ボイルが出ていたとしてもそっとタダ巻きするのが一番です。

Page top icon