カンパチのショアジギングタックル

 カンパチはブリやヒラマサと並んで評されるショアジギ界の花形ターゲットです。その引きの強さは言うまでもなく強烈で、生半可なタックルではのされてしまうこともあるくらいです。

カンパチのショアジギングタックル

 様々なポイントから狙えますが、やはり潮通しが良いという条件だけは外せません。

 このページではそんなカンパチのショアジギングタックルを紹介したいと思います。

初心者にオススメのカンパチのショアジギングタックル

 ライトショアジギモデルでも構わないので、まずは専用タックルを持っておくことをオススメします。

 40cm程度までのサイズならシーバスロッドでも対応できますが、ジグをキャストし続けることを考えるとやはり専用ロッドには敵いませんし、突然の大物がかかってしまったときに逃がしたくありませんので・・・。

メジャークラフト トリプルクロス TCX-962LSJ

 40g前後のジグで中型までの青物を狙えるロッドです。もちろん、青物以外にも使えるショアジギングロッドなので、初心者さんにおすすめしやすいです。

 緩急をつけたジャークなどテクニカルな操作性ができ、ミノーやバイブレーションなども比較的扱いやすいです。

 ただ、本格的な大型青物と戦うには少しパワー不足であることは否めませんが、最低でもこのくらいから始めたいです。。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

シマノ アルテグラ 4000XG

 とりあえずショアジギングを始めてみたいという方でもアルテグラ以上のリールをおすすめしています。

 理由は色々ありますが、海水への耐久性などを考えるとこれ以上のクラスじゃないと後で痛い目見るかなと思います。

 ヒラマサを相手するなら4000番~5000番台で、ハイギアであることが絶対条件かと思います。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

中級者にオススメのカンパチのショアジギングタックル

メジャークラフト クロスライド XRS-1002MH

 地磯や沖堤など、足場が高い場所では10フィートくらいの長さが必要になってきます。

 メタルジグもロングキャストが必要になってきますし、トップウォータープラグによる誘い出しなんかも必要になってくるかと思います。

 ジグ&プラグでの釣りを考えつつ、コスパを追求するとクロスライドはオススメの1本になります。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

シマノ バイオマスター 4000XG

 アルテグラじゃそろそろ物足りなくなってきたという方にはワンランク上のバイオマスターかツインパワーをおすすめします。

 アルテグラと比べると少し自重が重くなるのですが、耐久性という視点でみるとかなり変わってきます。

 ある程度長くショアジギングをするならこのレベルが必要になってきます。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

ベテランにオススメのカンパチのショアジギングタックル

ダイワ ショアスパルタン 103HH

 本格的にカンパチやブリ、ヒラマサを中心に狙いつつ、地磯などの根の荒いところで戦うことを考えると最終的に行き着くロッドかと思います。

 100gのジグでもしっかり扱え、過酷な環境でもパワーファイトをすることができる太径グリップ。

 それでいてある程度細身で軽量といういいとこ取りの1本だと思います。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

ダイワ セルテート HD3500SH

 個人的にはシマノのリールが好みなのでそちらをオススメしているのですが、上ではダイワのロッドを紹介したので、リールもダイワで合わせました。

 最高峰のロッドを紹介しましたので、リールももちろんダイワの最高峰でございます。

 巻き感もよく、ドラグ性能も最高、塩噛みによるトラブルなんかもほぼありません、大型青物全般にオススメの一言です。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

カンパチショアジギングのラインやジグなど

 ショアからショゴやシオサイズ(60cm以下)を狙うのであれば、PEライン1~1.5号、リーダーは20~30ポンドを2m程度で良いと思います。

 しかし、相手が60cmを超えるカンパチクラスになってくると、PEは2号程度、リーダーは30ポンド以上を2~3m程度必要になってきます。

 ジグに関しては30~60g程度のジグをメインに、ベイトに近いものを選択するようにしたいところです。また、状況によっては100gを超えるジグを遠投するようなケースも出てくるかもしれません。

HOW TO カンパチショアジギング

カンパチのショアジギングタックル

 シーズンは4月頃~初秋10月頃まで狙うことが可能ですが、基本的には初夏~秋口までが釣りやすい。カンパチはブリやヒラマサと比較するとより根(障害物)のある底付近を好む性格であるとよく言われます。

 そういった根のあるポイントで鋭いショートジャークを織り交ぜながらスピード重視のアクションが良いと言われています(ブリは逆にスローなロングジャーク)。

 とはいえ、底付近でばかり当たってくるわけではなく、中層でも食ってくることがあるのでこの辺りは先入観にとらわれないことが大切です。

Page top icon