ヒラマサのショアジギングタックル

 ヒラマサはブリと並んで評されるショアジギ界の花形ターゲットですが、ブリよりもその希少性のせいか釣り人には好まれます。

ヒラマサのショアジギングタックル

 また、食味もヒラマサの方が美味とされています。慣れないとパッと見ではブリと見間違えることもよくあるので、ブリと思ってもよく観察してみてください。

 このページではそんなヒラマサのショアジギングタックルを紹介したいと思います。

初心者にオススメのヒラマサのショアジギングタックル

 ヒラマサは基本的にはヒラマサだけを狙って釣ることは難しく、ブリやカンパチなど青物全般を狙っているとそれに混ざってくるような印象のターゲットです。

 ですので、タックルもそれに準ずるもので問題ないですが、ヒラマサの方がパワーも俊敏性も上なので、タックルはできるだけ専門タックルが良いですね。

メジャークラフト トリプルクロス TCX-962LSJ

 40g前後のジグで中型までの青物を狙えるロッドです。もちろん、青物以外にも使えるショアジギングロッドなので、初心者さんにおすすめしやすいです。

 緩急をつけたジャークなどテクニカルな操作性ができ、ミノーやバイブレーションなども比較的扱いやすいです。

 ただ、本格的な大型青物と戦うには少しパワー不足であることは否めませんが、最低でもこのくらいから始めたいです。。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

シマノ アルテグラ 4000XG

 とりあえずショアジギングを始めてみたいという方でもアルテグラ以上のリールをおすすめしています。

 理由は色々ありますが、海水への耐久性などを考えるとこれ以上のクラスじゃないと後で痛い目見るかなと思います。

 ヒラマサを相手するなら4000番~5000番台で、ハイギアであることが絶対条件かと思います。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

中級者にオススメのヒラマサのショアジギングタックル

 中級者以上で、より大きめのターゲット(メジロ、ブリも視野に)を狙いたくなってくるとやはり上記で紹介したタックルではやや力不足になってくると思います。

メジャークラフト クロスライド XRS-1002MH

 地磯や沖堤など、足場が高い場所では10フィートくらいの長さが必要になってきます。

 メタルジグもロングキャストが必要になってきますし、トップウォータープラグによる誘い出しなんかも必要になってくるかと思います。

 ジグ&プラグでの釣りを考えつつ、コスパを追求するとクロスライドはオススメの1本になります。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

シマノ バイオマスター 4000XG

 アルテグラじゃそろそろ物足りなくなってきたという方にはワンランク上のバイオマスターかツインパワーをおすすめします。

 アルテグラと比べると少し自重が重くなるのですが、耐久性という視点でみるとかなり変わってきます。

 ある程度長くショアジギングをするならこのレベルが必要になってきます。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

ベテランにオススメのヒラマサのショアジギングタックル

ダイワ ショアスパルタン 103HH

 本格的にヒラマサを中心に狙いつつ、地磯などの根の荒いところで戦うことを考えると最終的に行き着くロッドかと思います。

 100gのジグでもしっかり扱え、過酷な環境でもパワーファイトをすることができる太径グリップ。

 それでいてある程度細身で軽量といういいとこ取りの1本だと思います。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

ダイワ セルテート HD3500SH

 個人的にはシマノのリールが好みなのでそちらをオススメしているのですが、上ではダイワのロッドを紹介したので、リールもダイワで合わせました。

 最高峰のロッドを紹介しましたので、リールももちろんダイワの最高峰でございます。

 巻き感もよく、ドラグ性能も最高、塩噛みによるトラブルなんかもほぼありません、ヒラマサにオススメの一言です。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

ヒラマサショアジギングのラインやジグなど

 ショアから手軽なハマチサイズのヒラマサを狙うのであれば、PEライン1.2~1.5号、リーダーは20~30ポンドを1.5~2m程度になってくると思います。

 しかし、本格的な沖磯など、ハードな環境での釣りや、大型ヒラマサが相手になるとこのタックルでは少し厳しくなります。

 特に磯場などで狙う場合はヒラマサに好き放題暴れられると根ズレなどの可能性が増えるため、多少強引にやり取りをしても大丈夫なラインシステムが必要になります。

 具体的には、PEは2号以上、リーダーは30ポンド以上を2~3m程度となります。ジグに関しては30~60g程度のジグがメインになりますが、状況によっては100gのジグを使用することもあります。

HOW TO ヒラマサショアジギング

ヒラマサのショアジギングタックル

 シーズンは5~6月と10月~1月頃の年2回、ブリと同じシーズンになります。こちらももちろん地域によって真夏に釣れるようなポイントもありますので、ポイント近くの釣具屋さんなどで情報収集をしておくことが大切です。

 基本的には朝夕のマヅメ時期を狙うのが常套手段で、ハマチやブリを狙うときのようなジャカジャカ巻きなどではなく、ロングジャークを主体とするスローなジャーク&フォールがメインのアクションとなってくると思います。

Page top icon