アコウのショアジギングタックル

 キジハタ(アコウ)は日本海側や瀬戸内地方でよく釣れる魚で、高級魚としても知られているターゲットです。

アコウのショアジギングタックル

 平均して30cmくらいのサイズですが、大型のものでは50cmを超えるものもいて、ジグを丸飲みしている姿が想像できるショアジギターゲットです。

 このページではそんなアコウのショアジギングタックルを紹介したいと思います。

代用できそうなタックル(入門者~初心者)

 まず最初にアコウ(キジハタ)を狙うのであれば、シーバスタックルで十分だと思います。

 8~9フィートくらいのもので、30gまでのジグを扱えるものであれば大丈夫です。

 リールは3000番~4000番程度のものが一般的です。

中級者にオススメのアコウのショアジギングタックル

 シーバスタックルでも十分対応可能ですが、最近はロックフィッシュ用のタックルが多く発売されています。

 気になるようであれば、アイナメ、ソイ、アコウ(キジハタ)用に1セット持っておいても良いのでは?と思います。

シマノ ハードロッカー S76M

 小さくてもパワーのあるロックフィッシュをねじ伏せるだけのパワーがあり、操作性を重視したロックフィッシュゲーム専用の1本

 その中でもオールラウンドに使えるスピニングモデルで、専用ロッドがほしいと思い始めた中級者にオススメです。

 カサゴ・アイナメ・キジハタなどなどにオススメです。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

シマノ アルテグラ C3000

 とりあえずショアジギングを始めてみたいという方でもアルテグラ以上のリールをおすすめしています。

 理由は色々ありますが、海水への耐久性などを考えるとこれ以上のクラスじゃないと後で痛い目見るかなと思います。

 ロックフィッシュ相手であれば、ハイギアである必要もありませんので、ノーマルモデルでも大丈夫です。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

ベテランにオススメのアコウのショアジギングタックル

ダイワ ソルティスト 87HB

 アコウ(キジハタ)のためのショアジギングロッドというよりは、ガチのロックフィッシュ(アイナメやカサゴ)を狙うためのロッドです。

 ジグヘッドやジグを荒磯に放り込んで食ってきたら一気に引きはがすことができる本気のベイトロッドです。

 もはや本気の人にしか必要がないロッドなので、おのずとベテランさんしか買わないロッドかと思います。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

ダイワ HRF PEスペシャル

 こちらもダイワから発売されているロックフィッシュ専用のベイトリールになります。

 PEラインに特化した設計で、飛距離を出すための構造、ラインの食い込みもしにくい辺りが良いですね。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

アコウショアジギングのラインやジグなど

 PEラインは1~1.5号くらいでリーダーはフロロカーボンラインの20~30lbを1.5m程度がオススメです。

 リーダーラインはもう少し細くても大丈夫ですが、初夏の時期にまれに50cmオーバーも掛かるので用心のためです。

 ジグは平均すると30gまでのものがメインジグとなることが多いです。個人的には21gのものが使いやすく好きですが、この辺りは趣味趣向によるものです。

HOW TO アコウショアジギング

 シーズンは初夏の6~7月の頃と、秋の10~11月頃の2度がベストです。夏真っ只中は少し食いが落ちる傾向にありますが、釣れないわけではないです。

アコウのショアジギングタックル

 基本のアクションはジャーク&フォールになります。根魚として分類されているアコウ(キジハタ)ですが、実は中層付近でよくヒットしますので、中層上部までジャークするようにしてそこからボトムまでフォール、またジャークと繰り返すのが良い。

 ただし、あまり速く泳ぐ魚ではないので、スロージギングやスローなジャークがオススメです。

Page top icon