ソイのショアジギングタックル

 岩礁帯に潜む根魚として知られるソイは日中ショアジギで狙いやすい魚です。夜も釣れないわけではありませんが、夜は活動的になるためポイントが絞りにくくジグで釣りにくいと言われます。

ソイのショアジギングタックル

 ですので、日中、足元からやや根のあるようなポイントでジグを落とし、探り釣りをしていくのがオススメです。

 このページではそんなソイのショアジギングタックルを紹介したいと思います。

代用できそうなタックル(入門者~初心者)

 初心者であろうと、中級者であろうと上級者であろうと、本格的なタックルはなくともやや固めのバスロッドをお持ちであればそれで代用できると思います。

 長さは7~8フィート程度で良く、リールも2000番程度のものでも十分です。遠投もさほどしないのでラインを大量に巻いておく必要も特にありません。

 もし、バスロッドがなく新しくタックルを購入するのであれば以下に紹介するロックフィッシュ専用モデルがオススメです。

中級者にオススメのソイのショアジギングタックル

 最近はロックフィッシュのための専用ロッドが色々なメーカーから発売されています。

 ソイ以外のアイナメやカサゴ、キジハタなどにも代用できるタックルですので、ロックフィッシュ用タックルを持っておくのも良いかもしれません。

メジャークラフト トリプルクロス TCX-792M/S

 ソイのショアジギはカサゴやメバリングロッドに親しいものがあり、実際同じものでOKです。

 繊細ながらもある程度のパワーを持っているロッド、例えばロックフィッシュ専用モデルなら問題ありません。

 とはいえ、初心者さんが最初に買うならスピニングモデルがオススメかなと思います。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

シマノ アルテグラ C2000S

 ソイのショアジギングは比較的ライトな釣りで、そこまでの遠投性能の必要もありませんので、2000番クラスのリールでも十分です。

 ダイワのリールなら月下美人辺りでもいいと思います。メバリングやアジングにも使える繊細なアタリを感じることのできるものが良いですね。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

ベテランにオススメのソイのショアジギングタックル

ダイワ ソルティスト 87HB

 ソイのためのショアジギングロッドというよりは、ガチのロックフィッシュ(アイナメやキジハタ)を狙うためのロッドです。

 ジグヘッドやジグを荒磯に放り込んで食ってきたら一気に引きはがすことができる本気のベイトロッドです。

 もはや本気の人にしか必要がないロッドなので、おのずとベテランさんしか買わないロッドかと思います。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

ダイワ HRF PEスペシャル

 こちらもダイワから発売されているロックフィッシュ専用のベイトリールになります。

 PEラインに特化した設計で、飛距離を出すための構造、ラインの食い込みもしにくい辺りが良いですね。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

ソイショアジギングのラインやジグなど

 基本的にはPEラインが0.0.8号前後がオススメですが、ナイロンラインの8lbくらいのものを直結でも問題ありません。

 PEラインを使用する場合はフロロカーボンラインの8lbを1m程度で大丈夫です。

 ジグに関しては10gまでのもので、根がかりしにくいようにトリプルフックは外し、アシストフック1本が良いですね。手返し良く扱えるジグがオススメです。

HOW TO ソイショアジギング

ソイのショアジギングタックル

 シーズンはほぼ年中釣ることができるターゲットですが、イワシなどが接岸する春~初夏の時期が一番釣りやすいです。

 日中に狙うのであれば足元を探り釣り、朝夕のマヅメを狙うのであれば回遊しているソイを狙うようにしてください。ラン&ガンでとにかく釣り歩くことが大切です。

Page top icon