サワラのショアジギングタックル

 サワラは日本全域に分布している魚ですが、日本海側に比較的多く存在しているターゲットといえます。

サワラのショアジギングタックル

 40cmくらいのサイズをサゴシと呼び、60cm以上からサワラと呼ぶ、いわゆる出世魚です。歯が鋭いフィッシュイーターで、その獰猛さはショアジギのターゲットとして最適です。

 このページではそんなサワラのショアジギングタックルを紹介したいと思います。

代用できそうなタックル

 とりあえず始めてみたいと言うのであれば、ジグを扱える程度のシーバスロッドから始めてもいいと思います。ショアから釣れるものの大半が50cm前後だと思いますので。

 ただし、外道で青物が釣れたり、80cmを超えるサイズのサワラがかかると結構大変な思いをする可能性はあります、苦笑。

 リールに関してもシーバス用として使っている3000番程度のものがあれば大丈夫です。

初心者~中級者にオススメのサワラのショアジギングタックル

 ここではサゴシ狙いのロッド&リールを紹介しています。サワラを磯場から狙うのであれば、最下段で紹介するベテラン向けのタックルを参考にしてみてください。

メジャークラフト クロステージ CRX-962LSJ

 ライトショアジギングにおいてはスタンダートな1本で、堤防から、サーフ、地磯など幅広いポイントで扱うことができます。

 それほど根が荒くなければ、中型青物とのファイトもそこそこ大丈夫です。

 私自身、堤防からですがこの番数のロッドで90cmのブリを難なくゲットしてますので、サワラまでなら十分余裕ですよ。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

シマノ アルテグラ 4000XG

 とりあえずショアジギングを始めてみたいという方でもアルテグラ以上のリールをおすすめしています。

 理由は色々ありますが、海水への耐久性などを考えるとこれ以上のクラスじゃないと後で痛い目見るかなと思います。

 他のショアジギングのことも考えるなら4000番台のハイギアは用意しておきたいですね。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

ベテランにオススメのサワラのショアジギングタックル

シマノ コルトスナイパー S906MH

 ジグからプラグまで多彩なルアーを使いこなせ、幅広いポイントで活躍することができる長さとパワーを持っているロッドです。

 サワラ相手だと40g前後までのジグがメインとなりますので、そのあたりのジグを使いこなせるロッドでもあります。

 また、大型青物がかかってものされることのないパワーもあるので、安心感のあるロッドです。もし、遠投性能をより求めるならS1000MHもおすすめ。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

シマノ ツインパワー 4000HG

 もちろん最上位モデルのステラでも問題ないのですが、ステラ1台用意するよりも、ツインパワー2台を用意するほうが個人的にはおすすめと思っています。

 4000HGであれば気軽なライトショアジギング~通常のショアジギングまで幅広く扱えますので、失敗しない1台になると思います。

 より過酷な沖磯などに行くなら5000HGなど、それ以上のクラスも視野に入れたいですね。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

サワラショアジギングのラインやジグなど

 サゴシサイズであればPEライン1.0号くらい、リーダーはフロロカーボンラインの40lbでも大丈夫だと思います。むしろ、シーバスロッドで挑むのであれば、そもそもナイロンラインなんかの直結でも狙えます。

 しかし、大型のサワラを相手にするのであればPEラインは1.2~2.0号で、リーダーもフロロカーボンラインを50lbほどあっても良いと思います。

 どちらもリーダーの長さは1.5mほどで大丈夫ですが、歯が鋭い魚ですので、少しでも傷んでいると感じたらリーダーを付け直すことを心がけて下さい。

 ジグがすぐに持っていかれてしまいますので・・・涙。

HOW TO サワラショアジギング

サワラのショアジギングタックル

 シーズンは4~6月頃の産卵のために接岸してくる時期と、10~12月頃の年2回が釣りやすい時期になります。

 基本的に他のショアジギと同様に朝夕のマヅメ時が良いのですが、日中に釣れることもある神出鬼没なタイプです。居たら確実にジグにアタックしてきます。

 上でも紹介していますが、サワラ(サゴシ)は歯が鋭い魚ですので、ラインを弛ませたりして歯にラインがかかるとすっぱり切れてしまいます。

 できるだけラインに一定のテンションをかけた状態で、タダ巻きリトリーブで狙っていくのがオススメです。

 ジグは30~40g前後のものがメインジグになりますが、ラインが切られることもよくあるターゲットですので、できるだけ安物のジグで挑みたいですね。

Page top icon