メバルのショアジギングタックル

 メバルといえばメバリングなどのワームゲームを思い浮かべますが、ショアジギでもきっちり釣ることができます。

メバルのショアジギングタックル

 むしろ、大型の尺メバルを専門に狙うのであれば、ショアジギタックルで挑む方が当然、美味しい結果を得ることができるはずです。

 このページではそんなメバルのショアジギングタックルを紹介したいと思います。

代用できそうなタックル(入門者)

 ブラックバス用のスピニングタックルがあるならばそれで良いと思います。ただし、メバルロッドやショアジギロッドと比べるとやはり感度や耐久性は落ちますが。

 可能であれば、6.5~7.5フィートくらいの長さで、ライトなもの、ルアーの重さが1~10gのものを扱えるロッドがおすすめです。

 リールはスピニングリールの1000~2000番くらいがちょうど良いと思います。

 もし、バスタックルがなくて1からタックルを購入しようと思っているのであれば、メバリングロッドや、ロックフィッシュ専用ロッドなんかがおすすめですね。

初心者~中級者にオススメのメバルのショアジギングタックル

 もう一歩踏み込んで、メバルショアジギもできるメバリングロッドを買ってみようと思う方はこちらのロッドがオススメだと思います。

 良いロッドは他にもたくさんありますが、コスパも考えるなら選択肢は狭まってくるように思います。

シマノ ソアレSS S706ULT

 メバリングをするにしてもメバルショアジギングをするにしても十分対応できるオールラウンドな1本。

 穂先の感度はかなり高く、アタリをしっかり感知、しっかりフッキングまで持ち込むことができます。

 小型のプラグやメタルジグも5g程度までなら余裕をもって扱えるロッドです。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

シマノ ソアレCI4+ 2000S HG

 シマノのリールは全般的にどれもこれもおすすめなのですが、メバリングを中心に考えるならソアレシリーズがオススメです。

 ソアレシリーズには下位モデルのソアレBBもあるのですが、どうせ買うならCI4+シリーズの方がオススメです。

 軽量化と操作性の高さ、リーリングの心地よさ、どれをとってもベテランクラスまでずっと使えるリールです。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

ベテランにオススメのメバルのショアジギングタックル

シマノ ソアレCI4+ S706UL-T

 S706UL-Tは、ターゲットもポイントもリグをも問わない幅広さが強みです。軽量ジグヘッドからショアジギングまでどれでもこなせます。

 しなやかなチューブラー穂先がバイトをしっかり感知、フッキングもしっかり決めることが可能です。

 どんな状況でもどんなリグでも扱えるベテランにこそ使ってほしい1本です。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

シマノ ソアレCI4+ 2000S HG

 中級者のところでも同じリール、同じモデルを紹介したのですが、メバリングを含めメバルショアジギングでもこれがオススメです。

 ソアレシリーズには下位モデルのソアレBBもあるのですが、どうせ買うならCI4+シリーズの方がオススメです。

 軽量化と操作性の高さ、リーリングの心地よさ、どれをとってもベテランクラスまでずっと使えるリールです。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

メバルショアジギングのラインやジグなど

 よほど厳しい磯場や根の深い釣り場に行かない限りは、ラインはフロロカーボンラインの3~5ポンドの直結でも大丈夫です。

 ただ、そういう厳しいポイントに入るなら、PE0.3~0.8号くらいとリーダーがフロロカーボンラインの6~10ポンドを1~2m程度が一般的です。

 ジグに関してはおおよそ1~5gまでのもので十分で、メインジグは5gのものになると思います。ただ、状況次第では10gくらいのものも使いますので、ある程度揃えておきたいですね。

HOW TO メバルショアジギング

メバルのショアジギングタックル

 シーズンは12月~6月に主に狙えますが、主に3~6月頃が一番釣りやすい。

 メバルのショアジギは、通常のメバリングの要素+潮通しが良いポイントというのが正解パターンであることが多いです。

 活性が高いときはタナさえ合えば、タダ巻きでも十分釣ることが可能で、活性が低い時はリフト&フリーフォールで縦に誘うのがオススメです。

Page top icon