カサゴのショアジギングタックル

 カサゴ(ガシラ)といえば、ロックフィッシュの代表格として知られるワームで狙うターゲットですが、ショアジギで狙ってみるのも面白いです。

カサゴのショアジギングタックル

 個人的な感覚でいうと、ワームで届かないものを狙うor活性の高いものを先に拾っていく釣りになるのかなぁという感覚を持ってます。

 このページではそんなカサゴのショアジギングタックルを紹介したいと思います。

代用できそうなタックル(入門者~初心者)

 カサゴ(ガシラ)のタックルは塩分被害の問題があるものの、基本的にはブラックバスのタックルで十分でしょ?と思っています。これは初心者~ベテランまでみんなです(ただし帰ったらタックルは真水で洗ってね)。

 カサゴのショアジギングは本格的なタックルはなくとも楽しめるのが良いところだと思っています。

 ロッドの長さは7~8フィート程度で良く、リールも2000番程度のものでも十分です。バスタックルがないのであれば以下で紹介するタックルがオススメです。

中級者にオススメのカサゴのショアジギングタックル

 ロックフィッシュ専用タックルも色々と発売されています。アイナメ、ソイ、キジハタなんかでも使えるタックルですので、1セット手元にあってもいいかもしれません。

メジャークラフト トリプルクロス TCX-792M/S

 カサゴ(ガシラ)のショアジギはバスタックルでこなせるほどのライトなものですが、根魚で良いサイズがきたときは一気に引き離したいです。

 そういったパワーを持っているロッドといえばやはりロックフィッシュ専用モデルですね。

 極論を言えば、ベイトモデルの方がパワーがあるのですが、最初に買うならスピニングモデルがオススメかなと思います。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

シマノ アルテグラ C2000S

 カサゴのショアジギングは比較的ライトな釣りで、そこまでの遠投性能の必要もありませんので、2000番クラスのリールでも十分です。

 ダイワのリールなら月下美人辺りでもいいと思います。メバリングやアジングにも使える繊細なアタリを感じることのできるものが良いですね。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

ベテランにオススメのカサゴのショアジギングタックル

ダイワ ソルティスト 87HB

 カサゴのためのショアジギングロッドというよりは、ガチのロックフィッシュ(アイナメやキジハタ)を狙うためのロッドです。

 ジグヘッドやジグを荒磯に放り込んで食ってきたら一気に引きはがすことができる本気のベイトロッドです。

 もはや本気の人にしか必要がないロッドなので、おのずとベテランさんしか買わないロッドかと思います。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

ダイワ HRF PEスペシャル

 こちらもダイワから発売されているロックフィッシュ専用のベイトリールになります。

 PEラインに特化した設計で、飛距離を出すための構造、ラインの食い込みもしにくい辺りが良いですね。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

カサゴショアジギングのラインやジグなど

 PEラインなら0.6~0.8号とリーダーが8lb前後になりますが、もはやPEラインでなくともナイロンラインかフロロカーボンラインの8lbをそのまま直結してもOK。

 むしろコスパを考えるとナイロンラインやフロロラインの方が手軽じゃないかなとも思います。

 ジグは5gとか7gとかその程度のものがほとんどで、トリプルフックを外し、アシストフックを前につけておくことで根がかりを防ぐことができます。

HOW TO カサゴショアジギング

カサゴのショアジギングタックル

 年中いつでも狙うことができるのが最大の特徴ですが、特に釣りやすいのはベイトフィッシュが入ってくる時期になります。

 これはイワシであったり、キビナゴであったり、色々なものがあるので、春頃に釣れやすい地域もありますし、秋食いになる地域もあります。

 基本的にはボトムバンピングかピンポイントを狙ったリフト&フォールで底を中心に狙ういます。

 遠投して大雑把に狙うよりも、足元付近のポイントを足で釣っていくようにするのが一番手っ取り早く根がかりも少ないし、根がかりしても外しやすいですね。

Page top icon