ヒラメのショアジギングタックル

 ヒラメはサーフで人気急上昇中の好ターゲットで、ここ数年でヒラメ専用のロッドが発売されるほどになってきています。

ヒラメのショアジギングタックル

 ショアから狙えるヒラメは小さいものと思われがちですが、座布団サイズと呼ばれる70cmを超えるようなヒラメも狙える夢のあるターゲットなのです。

 このページではそんなヒラメのショアジギングタックルを紹介したいと思います。

代用できそうなタックル(入門者~初心者)

 とりあえず始めてみたいと言うのであれば、やや長めのシーバスロッドから始めてもいいと思います。

 サーフで遠投することを考えると9~10フィートくらいある方が良いです。

 リールはそれに見合うリールでシマノなら3000~4000番、ダイワなら2500~3000番くらいがオススメです。

 かなり遠投する状況もありえるので、ラインは150m以上巻いておき、高切れした場合を考えてストックも用意しておきたいです。

中級者にオススメのヒラメのショアジギングタックル

 ヒラメのタックルはミノーで狙うことも考えつつ、ジグをキャストできるようなロッドを選びたいところです。

 ともなると、やはりオススメはヒラメ専用ロッドということになってきますね。

 ある程度、ヒラメ狙いを続ける可能性があるなら、専用ロッドを購入した方が確実に楽な釣りをすることができます。

メジャークラフト トリプルクロス TCX-1002SURF

 サーフでの釣りは長いロッドが有利なのですが、他のショアジギにも転向する可能性を踏まえると10フィートまでがオススメかと思います。

 このロッドであれば、ヒラメの突然のバイトを弾くこと無く、そのままフッキングもでき、パワーもあるのでファイトも申し分ありません。

 遠投性能を持ちつつ、取り回しもいいサーフゲームとショアジギングの中間となるモデルといえます。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

シマノ アルテグラ 4000XG

 とりあえずショアジギングを始めてみたいという方でもアルテグラ以上のリールをおすすめしています。

 理由は色々ありますが、海水への耐久性などを考えるとこれ以上のクラスじゃないと後で痛い目見るかなと思います。

 より耐久性を求めるならワンランク上のバイオマスターがオススメ。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

ベテランにオススメのヒラメのショアジギングタックル

シマノ NESSA CI4+ S1008MMH

 ヒラメ専用モデルの1本で、遠投性能を更に高めたロッドです。

 サーフでショアジギングすることを考慮しつつ、ミノー、ジグヘッド+ワームなど他のルアーやリグにも対応できるものがオススメです。

 また、長さのあるロッドでありながらも軽量化に成功している1本です。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

シマノ ヴァンキッシュ 4000XG

 最高峰モデルのステラとツインパワーの間に新しく生まれたリールで、ヒラメゲームに最適のリールです。

 一日中遠投を繰り返す可能性のあるサーフゲームでは、足で稼ぐことも重要なので、疲れにくい軽量化リールがオススメです。

 耐久性や巻心地もかなりいいのでぜひ!!

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

ヒラメショアジギングのラインやジグなど

 ヒラメのショアジギではPEは1.0~1.2号くらいが平均的です。

 リーダーは小磯混じりのポイントを想定するとナイロンラインよりもフロロカーボンラインがオススメで20~30lbまでを1~1.5m程度取りたいところです。

 ジグは30g前後のサイズがメインジグとなりますが、波風の影響によって40g以上を使用することも考えられます。

 ミノーやワーミングでは届かない範囲のヒラメを狙い撃ちできるのが最大の魅力です。

HOW TO ヒラメショアジギング

ヒラメのショアジギングタックル

 ヒラメとマゴチは同じポイントで釣れているようなイメージですが、マゴチはやや泥質のところ、ヒラメは砂~磯混じりのところが多いとされています。

 基本的にやはり朝夕のマヅメ時間が一番釣りやすく、ポイントとしては沖のかけ上がりが最高のポイントです。

 ヒラメはボトムに潜む魚というイメージが強いですが、ジグを引くのは底をしっかり切って10~15cm上を巻きたいです。

 下からヒラメがジグを食いにくるようなイメージでリトリーブするとイメトレ的にも良いかなと思います。

 とはいえ、ヒラメは思っているよりも攻撃的な性格なので、こんなところで食う!?みたいなところでかかることもありますので、最後の最後まで油断することなかれ。

Page top icon