ブリのショアジギングタックル

 ブリは最大で1mを超えるような個体も存在し、ブリ専門にショアジギングで狙うとなると、磯場などから狙うというかなりハードなタックルが必要となってきます。

ブリのショアジギングタックル

 が、最初からいきなりブリというのは酷なので、初心者はまずはハマチを狙うところから初めてみると良いと思います。

 このページではそんなブリのショアジギングタックルを紹介したいと思います。

初心者~中級者にオススメのブリのショアジギングタックル

メジャークラフト トリプルクロス TCX-962LSJ

 40g前後のジグで中型までの青物を狙えるロッドです。もちろん、青物以外にも使えるショアジギングロッドなので、初心者さんにおすすめしやすいです。

 緩急をつけたジャークなどテクニカルな操作性ができ、ミノーやバイブレーションなども比較的扱いやすいです。

 ただ、本格的な大型青物と戦うには少しパワー不足であることは否めません(獲れないわけではありませんが)。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

シマノ アルテグラ 4000XG

 とりあえずショアジギングを始めてみたいという方でもアルテグラ以上のリールをおすすめしています。

 理由は色々ありますが、海水への耐久性などを考えるとこれ以上のクラスじゃないと後で痛い目見るかなと思います。

 ブリを相手するなら4000番台で、ハイギアであることが絶対条件かと思います。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

中級者にオススメのブリのショアジギングタックル

 ここではメジロクラス以上と戦うことや足場の悪い磯場なんかを視野に入れたロッドを紹介したいと思います。

 中級者ともなるとこういったポイントに足を運ぶことも出てくるかと思いますので。

メジャークラフト クロスライド XRS-1002MH

 地磯や沖堤など、足場が高い場所では10フィートくらいの長さが必要になってきます。

 メタルジグもロングキャストが必要になってきますし、トップウォータープラグによる誘い出しなんかも必要になってくるかと思います。

 ジグ&プラグでの釣りを考えつつ、コスパを追求するとクロスライドはオススメの1本になります。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

シマノ バイオマスター 4000XG

 アルテグラじゃそろそろ物足りなくなってきたという方にはワンランク上のバイオマスターかツインパワーをおすすめします。

 アルテグラと比べると少し自重が重くなるのですが、耐久性という視点でみるとかなり変わってきます。

 ある程度長くショアジギングをするならこのレベルが必要になってきます。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

ベテランにオススメのブリのショアジギングタックル

ダイワ ショアスパルタン 103HH

 本格的にブリクラスを中心に狙いつつ、地磯などの根の荒いところで戦うことを考えると最終的に行き着くロッドかと思います。

 100gのジグでもしっかり扱え、過酷な環境でもパワーファイトをすることができる太径グリップ。

 それでいてある程度細身で軽量といういいとこ取りの1本だと思います。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

ダイワ セルテート HD3500SH

 個人的にはシマノのリールが好みなのでそちらをオススメしているのですが、上ではダイワのロッドを紹介したので、リールもダイワで合わせました。

 最高峰のロッドを紹介しましたので、リールももちろんダイワの最高峰でございます。

 巻き感もよく、ドラグ性能も最高、塩噛みによるトラブルなんかもほぼありません、オススメの一言です。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

ブリショアジギングのラインやジグなど

 ショアからハマチを狙うのであれば、PEライン1.2~1.5号、リーダーは20~30ポンドを2m程度で良いと思います。

 しかし、ブリクラスになってくると、PEは2号以上、リーダーは30ポンド以上を2~3m程度用意したいですね。

 ジグに関しては30~60g程度のジグをメインに、回遊しているベイトのサイズに合わせたいですが、場合によっては80g、100gのジグが必要となる状況もあります。

 タックルの選択は狙うサイズと、通うポイントでも選び分けたいですね。

HOW TO ブリショアジギング

ブリのショアジギングタックル

 シーズンは5~6月(初夏)と10月~1月頃(秋~初冬)の年2回がシーズンです。

 ただし、地域やその年の海流次第で前後しますので、真夏に回ってくるようなこともありますので、釣果情報を集めておきたいところです。

 基本的には朝夕のマヅメ時期を狙うのが常套手段で、海面が騒がしいようであれば表層をタダ巻きかジャカジャカ巻きでも狙えます。

 ブリクラスのみを狙う場合は、底から中層までをジャーク&フォールで縦に探っていくことが大型ゲットへの近道かもしれません。

Page top icon